#MetropolisHachioji

Twitter : @5anp | Tumblr : http://metropolishachioji.tumblr.com/

Twitterの白ハゲ漫画が『自滅社会』を創り出す

1 インターネットによる社会変容①

  〜SNSによる既存のオフライン集団の破壊〜 

 いまや、アラブの春に代表されるように、革命をも動かす存在となったSNS。そもそもインターネットが、時間あるいは距離という概念に対する破壊的なアプローチであることから考えれば、既存(=オフライン)にある『集団』という概念に対して、時間(同志を探す、コミュニケーションのタイムラグなど)や距離(居住地など)といった制約を取り払う発想は自然なものでしょう。

 ここでは『オフライン社会』から『オンライン社会』へ移行するに従い前提が崩壊した、『オフライン社会を前提としていた社会規範』について考えてみたいと思います。

 

2 前提崩壊に伴う社会変容②

  〜質的功利主義から量的功利主義への回帰〜

 端的に言えば、SNSによって形成された集団は『価値観に基づく社会集団』と言えるでしょう。

 量的功利主義 ー 最大多数の最大幸福

 質的功利主義 ー 満足な豚よりも不満足なソクラテス

  学校教育などにより、現在では、後者の質的功利主義を原則として社会が形成されています(といってもSNS時代以前のことですが)。幼少から「本は上でゲームは下」と教わり、それが通念化していることは、皆さんもお気づきかと思います。

  しかしながら、いま現在では「質的功利主義から量的功利主義への回帰」が発生していると言えます。

 

 

3 優劣判断の主体問題(多数決/経験的知識)

 なぜそんな現象が起きているのか。その原因には優劣を判断する主体の違いにあると考えます。

  量的功利主義における優劣判断の主体は『大衆』です。「最大多数の最大幸福」が価値基準となっているということは、大衆による多数決での判断が原則となります。

  一方で、質的功利主義における優劣判断の主体は『知的快楽を判断できる知識層』です。マズローの段階欲求説で言うところの上位の欲求を理解できて初めて、快楽の上下というものを判断できる、つまりは、そのレベルにまで知的水準が達していないと、質的功利主義における優劣というものは判断できないのです。

  ここで「質的功利主義から量的功利主義への回帰」に話題を戻すと、SNSによって価値観ごとに集団が再構築されたことで『(価値観においての)数の原理』、乱暴に言い換えれば『(価値観においての)数の暴力』が働くことになったのです。つまりは、「質的功利主義における価値観に抑圧されていた層が、『数の原理』の力で自分たちに都合の良い社会」を創れるようになったわけです。

 

 

4 少数者の逆転と弊害(可視/不可視) 

 わたしはこの近年の逆転現象に危機感を憶えています。

  一見すると、今までスポットライトの当たっていなかった社会的弱者にもチャンスが与えられ、より多くの人にとって住み良い社会が構築されるという明るい未来が推測されるかもしれません。しかし、「『数の暴力』が復権した」 ということは、「少数派の声が届き辛くなった」と言い換えることも出来ます。そして、その少数派とは、得てして『創造的破壊者』や『真の知識層』であるとも私は考えます。それだけ希有な才能を持つ人はそう多くいないからです)。

 

5 社会分断と再構築(サードプレイス)

  〜自由というジレンマ〜

 脈々と社会への影響力を強めているSNS社会は、「同質の価値観を持つ人が集まる集団(が集う場をサードプレイスと呼ぶそうです)」で構成される訳ですから、同質の価値観を持つ人が多いほど世論としての力を持ちます。裏を返せば同質の価値観を持つ人が少ない人には(彼らの主張の正当性に関わらず)世論としての力を持ち辛い訳です。

  似たシチュエーションとして、スティーブ・ジョブズがアップル社から追放された状況が重なります。破壊的創造者として、独断にも近い形でアップルを推進してきた彼ですが、ジョンスカリーら経営層との対立により同社から事実上追放されてしまいます。しかし、ジョブズ不在のアップルは途端に業績を落とし、やむなくジョブズの復帰を認めた、というのは有名な話です。多数派が良いと考えることが、必ずしも彼らのプラスになるとは言えない、とも言えるでしょう(もっともナチスドイツのような悪例もあることは事実ですが)。

  ましてアップルが迎えたのはペプシコーラの社長職からヘッドハンティングされるようなプロフェッショナルです。有象無象が数の力に任せてエゴ(といっては失礼ですが)を押し通した先に、必ず明るい未来があると言い切れるでしょうか?

 

6 すでに現実化している社会問題(?)

 

 こうしたことは、すでに日本でも始まっていると言えます。

 例えば昨今流行している、政治家の不倫スキャンダル問題。「政治家としての能力」と「不倫をしているかどうか」は論理的に無関係でありますが、いわゆる『ネット炎上』によって辞職を余儀なくされています(民主主義国家である以上、党にとってトカゲのしっぽ切りはやむを得ないのでしょう)。

 政治については疎いので詳細な議論は避けますが、もしも彼らが議員として今後も活動を続け、日本をよりよい方向へ推進していたとしたら、彼らの代わりに当選した議員が日本を悪い方向へ推進してしまうとしたら、果たしてどちらが大衆あるいは国民にとってプラスだったでしょうか?プロフェッショナルではなく、大衆が政治を動かすことが必ずしもプラスに作用するのでしょうか?(尤も、いまの議会に自浄作用や人を見極める技量があるのかは疑問符が残りますが、ここでは大衆による数の暴力におけるリスクへの指摘にとどめます)

   

7 結論:どうしようもない

  「SNSによる数の暴力リスク」は政治といった大きな規模のものに限らず、思想・趣向・娯楽など、SNSで語られる領域であれば、あらゆる側面で適応されうるものです(感情のはけ口で描かれたような心底下らない漫画がタイムラインに流れてくるのにはうんざりしていますが、「嫌なら見るな!」ではいまのSNS社会でやっていけないのです)。

 この大きな流れそのものを止めることは、

 

もはや不可能でしょう。変えることが出来るとすれば、それはきっと教育の領域なのでしょうが、それが難しいことは歴史が証明しています。せめて自分自身は『透明な嵐』に呑まれずにいたいものです(ユリ熊嵐見てね!ガウガウ!)。おしまい。

 

P.S.アクセス稼ぎにキャッチーなタイトル付けようとしている自分に失望...ガウ...

 

f:id:MetropolisHachioji:20170919030326j:plain